おこう便り

最新のおこう便り

作業療法室です。秋を塗る。No223 2021.10.25

秋らしくなってきました。

作業療法では秋の塗り絵にたくさんの方が取り組んでくださっています。

 

コスモス、赤とんぼ、秋の果物などなど。

「ちょっとリンゴの赤じゃないね」と工夫をされたり、「梨の色むずかしいね」と悩まれたり、ご自身の秋を探しながら取り組まれています。

 

ちょっと寂しいような、心細いような秋がやってきましたね。

そんな季節もちゃんと感じて過ごしていきたいです。

 

今日もたくさんありがとうございます。

シャインマスカットNo222 2021.10.22

子どものころ、ブドウはフツーの「紫色のもの」しかなく、「種なしブドウ」が出てきたときには画期的だと感じたことでした。

当時の子どもたちは、種なしブドウは種がないのにどうやって植えるのだろうという当然の疑問を持ったりして。

その後、ブドウもたくさんの品種が作られ、昨今は何と言っても高級フルーツのシャインマスカット。

いろいろなスイーツにもアレンジされて格別ですよね。

お値段も格別なので、長野や山梨のふるさと納税を活用して・・・。

作業療法室です。コスモスコラボ。No221 2021.10.19

9月飾りの満月が、とてもいい雰囲気なので、10月飾りのコスモスとコラボをしていただきました。

 

通勤路にもコスモスの花がゆれる季節がやってきました。

 

秋桜と書いて、コスモス。

ずっとそれが当たり前と思っていたのですが、なんとこちらの読み方が定着したのは、昭和を代表する歌手、山口百恵さんの「秋桜」という曲が大ヒットしたことがきっかけなのだそうです。

 

作詞作曲を担当したさだまさしさんが「秋桜」をコスモスと読ませ、大ヒットしたため読み方がすっかり浸透したそうです。

 

漢字の読み方まで作り上げてしまうさだまさしさん、すごい!!!


ホーム - 病院のご案内 - おこう便り

PAGE TOP