アルコール依存症
回復プログラム

その他の治療

体験者の声

アルコール地獄からの生還

若い頃は、大酒飲みで名が通っていた私でしたが、35歳頃より、朝酒をするようになりました。次第に、酒が切れ始めたら、昼夜関係なく飲み続けるようになり、酒を手放せなくなりました。  
 
家族に連れられてきたのが岡豊病院でした。先生に「アルコール依存症です」と宣告されましたが、仕事柄、土地柄を考えると、アルコールを完全に断つのは無理と思い、節酒を試みました。自分なりに考えられる事は全て試しましたが、どれも長続きせず失敗に終わりました。離婚、失職、飲酒運転、事故、臓器障害など、ありとあらゆる酒害を経験しました。  
 
この病気は思いや意思だけでは決して良くなりません。如何に断酒に結びつく行動を継続できるかが大切です。この病院で「断酒の三本柱(ミーティング・抗酒剤及び飲酒欲求抑制剤・自助グループ)」といった具体的な対処方法を学びました。
 
今は週に三回はプログラムに通い、そこで出会った仲間のおかげで、どうやっても止めることが出来なかった酒が止まっています。何気ない毎日ですが、アルコール地獄から這い上がれたことに日々感謝をして、一日断酒を積み上げていきたいと思います。

出会い、つながり、そして快復

当時の私は酒が止まることはなく、行くあてもなく泥酔して、車椅子でオムツをつけた状態で岡豊病院につながりました。今までいくつかの精神科病院に入院しましたが、岡豊病院で初めてアルコール依存症快復プログラムに参加することができました。さらに、入院中から院外の自助グループのみならず、県外の自助グループにも行かせてもらいました。退院したその日から自助グループに参加し、生活の中心に据えました。朝は6時に起床し、朝食をとったら8時には岡豊病院のミーティングに通い、夜は自助グループに参加することを続けるうちに、生きていることを実感できるようになりました。
 
断酒継続は一人では無理と限界を知り、同じ体験をしている人と出会ったり、病院の専門家に相談に乗ってもらうことで、私の心の奥にあった孤立感や不信感、猜疑心が拭われていきました。
 
現在も通院と自助グループ参加を欠かさず断酒継続中ですが、これは私の力ではなく、病院の関係者や自助グループの仲間、相談に乗ってくれる方のおかげなのです。日々感謝です。

ホーム - その他の治療 - アルコール依存症回復プログラム - 体験者の声

PAGE TOP